BLOGブログ
BLOGブログ

板橋の整骨院では超音波による画像診断が可能です

板橋の整骨院なら最新の設備で質の高い施術が受けられます

板橋にある整骨院は痛みやしびれのある患部の様子を詳しく観察することができる超音波画像観察装置を導入しておりますので、適切な治療を行うことが可能です。
レントゲンと違って放射線を使わないので、お腹に赤ちゃんのいる患者様に対しても繰り返し使用することができ、リアルタイムの状態を確認することができます。
板橋にある整骨院はスポーツ外傷やスポーツ障害の治療にも対応しておりますが、軟骨や靭帯、筋肉の様子も超音波画像観察装置を使うことで詳しい状態を知ることができるので、非常に有効です。

  • 板橋区で肋間神経痛なら幸町亀山整骨院へ

    2019/07/11

    突然背中から脇腹にかけての激痛が!

    そんな「肋間神経痛」でお悩みの方へ

    板橋区大山の幸町亀山整骨院で適切な施術を行いましょう。

     

    あなたの症状はどれですか?

    チェックをしてみましょう。

    突然脇腹の激痛が出た

    腰をひねると激痛が走る

    痛みが背中や腹のほうまで広がってきている

    痛みがでないかびくびくしながら生活している

    最近痛みのせいで布団でまともに眠れていない

    整形外科で肋間神経痛と診断され湿布と痛み止めで様子を見ていたが痛みがなかなか改善しない

     

     

    1つでもチェックが当てはまり、そのお悩みを本気で改善をしたいと考えている方

    板橋区大山の幸町亀山整骨院にお任せください。

     

    肋間神経痛」とはどんなものなのか、また幸町亀山整骨院ではどのように原因をとらえ、改善に導いていくのかを書いていきたいと思います。

     

    「肋間神経痛」とはどんなものなの?

    肋間神経痛とは、肋骨(あばら骨)に沿って走っている肋間神経という神経が様々な原因により圧迫されたり引っ張られたり炎症を起こしたりすることにより現れる神経に沿った痛みのことです。

    肩甲骨の下の高さからへその高さあたりまでの肋間神経が痛みを起こすことが多く、通常は左右のうち片側のみに起こります。

     

    「肋間神経痛」の特徴的な症状は?

    その名の通り、肋間神経に沿っての強い痛みが出ます。

    しかし広範囲ではなく、障害されている肋間神経が通っている限られた範囲のみ痛みというのが特徴です。

    痛みは身体をひねった時などに肋間神経にストレスがかかるとズキッと鋭い痛みが出ます。

    慢性的なものなどでは体勢によりズーンと響くような鈍痛を訴えることもあります。

     

    「肋間神経痛」に対する従来の対応は?

    ・内臓や骨に問題がないか調べるために血液検査やレントゲン、CT、MRIなどの検査を行う

    ・検査で異常がなければ痛み止めの薬と湿布で様子を見る

    ・痛みが強ければ痛み止めの注射

    などがよく行われます。

    しかし、最初の検査はともかく、これらの治療では対症療法(その場しのぎ)にすぎません。薬をずっと飲み続けるわけにはいきませんし、痛みが出るたびに冷やしたり、もんだりするというのはあまり体には好ましくありません。

    なぜ「肋間神経痛」になったのか?という原因を突き止めることと、なぜ痛みがなかなか良くなっていかないのか?というところを考えなければ根本からの改善とは言えません。

     

    「肋間神経痛」の原因とは?

    原因は大きく2つに分けられます。

    • 原発性(げんぱつせい)肋間神経痛

    元の原因になるようなケガや病気や骨の変形などがないにもかかわらず肋間神経痛が起きるものです。

    主にストレスや過労によるものが主で、体をひねる作業が多かったり冷えたり背中や肋骨周りの筋肉が凝っていたりすることでも痛みを引き起こすことがあります。

    • 続発性(ぞくはつせい)肋間神経痛

    これは①とは逆で、何らかのケガや病気や骨の変形などの元の原因があるもので、それに伴って起こる肋間神経痛です。

    ケガ・・・・肋骨骨折や打撲など

    病気・・・・帯状疱疹後や肺の病気など

    骨の異常・・・・側弯症や変形性脊椎症など

    これらの原因があります。

     

    幸町亀山整骨院はどのようにして「肋間神経痛」を改善に導くのか?

    軽い症状であれば、上記の痛み止めなどで改善しますが、痛みの強いものでは痛み止めだけでは痛みが引かず、痛みが出るのを怖がって背中や肩のほうまでがちがちに緊張してしまっているケースがあります。そのせいで余計肋間神経にストレスがかかってしまいなかなか改善には向かいません。

    その場合は痛み止めなどと並行して肋間神経に負担をかけているまわりの筋肉の硬さや姿勢などを改善していくことで症状が回復していくことが多いです

     

    ・幸町亀山整骨院では、痛めている部位の症状をとることはもちろん、その周りの関節や姿勢、背骨、骨盤のゆがみなどから原因を突き止め、体の自然治癒力を働きやすい状態にしていくことを大切にしています。また、そこから痛みを再発させない体作りのためにセルフケアやトレーニング、日常生活の姿勢までしっかりとアドバイスさせていただきますので、急に痛みが出て不安な方や、何週間も痛みで苦しんでいる方は出来るだけ早くご相談いただくことをお勧めいたします。

     

    最後まで読んでいただきありがとうございます。

    そのお悩み、あきらめずに一度ご相談ください。

     

    肋間神経痛なら

    東武東上線大山駅から徒歩6分

    幸町亀山整骨院

    東京都板橋区幸町11-11

    TEL 03-6317-2846

    平日8:30~12:00 15:00~19:00

    土曜8:30~14:00

    予約優先制

    ※12:00~15:00は完全予約制にて施術しています。

    お電話、LINE@にてご予約下さい。

  • 板橋区で全身調整治療なら幸町亀山整骨院へ

    2019/06/25

    幸町亀山整骨院では全身調整治療をはじめました。

    こんな方におススメ!

    慢性的な腰痛や肩こりがある

    ・長い間ずっと我慢している症状がある

    ・寝るだけでは疲労感や痛みがなかなか抜けない

    ・一部だけでなく全身を診てほしい

    ・痛みは落ち着いているが、体のメンテナンスをしてほしい

    再発しづらい体を作っていきたい

    スポーツでのパフォーマンス向上やケガの予防をしたい

    ・・・・・・・・などなど、様々な症状に対応します。

    しっかりと体の姿勢や動作の分析を行い、痛みや症状を出している原因を見つけ、手技療法を中心に電気治療や、トレーニングなどを組み合わせながら、お一人お一人の体に合わせ首から足の先までを調整しながら治療を行います。

     

    治療時間は約30分です。

    ・自費治療の場合、3500円

    ・保険治療されている方も、全身調整治療を加えて行うことが出来ます。

     保険治療費+全身調整治療費込みで1600~2000円(負担割合により異なる)で受けて頂くことが出来ます。

    今出ている痛みを取ることはもちろん、その先の痛みが出にくい健康な体作りまでをサポートいたします!

     

    治療ペースの目安は週2日くらいから始めて頂くと治療効果をうまく維持したまま良い方向へ向かっていけると考えます。その後痛みや症状が落ち着き安定してきたら、週1日や2週に1日・・・と少しづつ間隔をあけていくと良いです。

     

    ただ今、全身調整治療お試し期間として、全身調整治療費の初見料(700円)を0円にて受けて頂くことが出来ますので、ぜひこの機会に一度体験して頂きたいと思います。

     

    また、忙しくて週1日、2日も来られない!という方のために、通常の全身調整治療(30分)よりもより長く細かい所まで行える全身調整治療ロングコースもはじめました。

    治療時間は、約60分

    ・自費治療の場合、7000円

    ・保険治療の場合に加えて行う場合、保険治療費+全身調整治療費込み5000~6000円となります。

    ロングコースもお試し期間として初見料を0円にて受けて頂くことが出来ます。

    ロングコースは、平日の12時~14時の間で1日1名限定完全予約制にて治療させていただきます。

     

    ご予約や治療内容のご質問はお電話LINE@よりお願いいたします。

    ぜひこの機会に一度お試しいただきたいと思いますので、ご連絡お待ちしております。

     

    幸町亀山整骨院

    東京都板橋区幸町11-11

    03-6317-2846

    LINE@ ID:@tsz2376j

  • 板橋区で寝違えのことなら幸町亀山整骨院へ

    2019/06/24

    朝起きたら首が痛くて動かない!

    そんな首の「寝違え」でお悩みの方へ

    板橋区大山の幸町亀山整骨院で適切な施術を行いましょう。

     

    あなたの症状はどれですか?

    チェックをしてみましょう。

    朝起きたら突然首が痛くなっていた

    痛みで首が全然動かせない

    痛みだけでなく頭が重たい感じがする

    痛みに加えて腕から手のほうまでしびれてきた

    自己流でマッサージしたら痛みがひどくなった

    湿布で様子を見ていたがなかなか良くならない

     

    1つでもチェックが当てはまり、そのお悩みを本気で改善をしたいと考えている方

    板橋区大山の幸町亀山整骨院にお任せください。

     

    寝違え」とはどんなものなのか、また幸町亀山整骨院ではどのように原因をとらえ、改善に導いていくのかを書いていきたいと思います。

     

    寝違え」とはどんなものなの?

    おそらく多くの方が一度は首の「寝違え」というものを経験したことがあるのではないでしょうか。

    それくらいよく聞くケガでありながら、実際にはどんなものなのか、正しい知識や対処法を知っている人は意外と少ないかもしれません。湿布や痛み止め、マッサージやストレッチなどの自己流の対処方法もやり方を間違えるとかえって症状を悪化させてしまう事になりかねません。

     

    よく言う首の「寝違え」と呼ばれるものの多くは、首から肩周辺の筋肉が様々な原因で硬くなってしまった状態で起きようとしたり寝返りをした際に起こる「肉離れ」のような状態を指します。

     

    例えば、

    ・疲労によって首こり、肩こりの状態になっていたり

    ・冷房などで首元を冷やしすぎていたり

    ・デスクワークで猫背の姿勢が続いていたり

    ・上を向く作業を長時間おこなっていたり

    ・高さが合わない枕をしていたり

    ・ソファーで首が変な方向を向いたままうたた寝してしまったり

    など、「寝違え」を起こすときというのはだいたいこういった原因がなにかしらあって筋肉が硬く痛めやすい状態に陥っていることがほとんどです。

     

    その硬くなった状態で朝急に起き上がった時や寝返りをした際に首の筋肉が「肉離れ」を起こした状態になります。これが「寝違え」というものになります。

     

    首の「寝違え」の特徴的な症状は?

     

    主に痛めるのは首から肩の筋肉です。

    痛めている筋肉によって前後の動きが痛かったり、左右の動きが痛かったり、回旋の動きが痛かったりと様々な症状が出ます。

    自己流のマッサージでは、痛めた筋肉に余計なダメージを与え長引かせてしまう事もありますので、出来るだけ避けましょう。

     

    頚椎の関節まで痛めてしまうことも

    これは筋肉ではなく、頚椎のまわりの靱帯や腱などまで痛みが出てしまった状態です。

     

     

    神経痛のような症状が出ることも

    首の角度によって神経にストレスがかかったり、自己流のケアなどによって余計に広がってしまった炎症が神経にまで及んでしまうと、首だけでなく肩から腕や手までしびれることもあります。

     

    寝違え」に対する従来の対応は?

     

    ・湿布や痛み止めで何とか痛みをごまかす

    ・アイシングで炎症をしずめる

    ・ストレッチやマッサージを自己流で行う

    ・カラーなどで首を固定する

    などがよく行われます。

    しかし、これらの治療では対症療法(その場しのぎ)にすぎません。薬をずっと飲み続けるわけにはいきませんし、痛みが出るたびに冷やしたり、もんだりするというのはあまり体には好ましくありません。

    なぜ「寝違え」になったのか?という原因を突き止めなければ根本からの改善とは言えません。

     

     

    幸町亀山整骨院はどのようにして「寝違え」を改善に導くのか?

    ・まず痛みが出るに至った原因を探っていきます。

    姿勢や体の使い方のクセ、職業や普段の生活などから首の筋肉が硬くなりやすくしている原因を見つけます。

    手技や電気治療などを用いながら、症状を改善させていきます。

    ・首が痛くて動かせない場合は、いきなり患部から治療することはせず、動かせる肩や背中、股関節や足の方から緊張を取っていくと首の痛みが少しずつ改善されていきますので、そこから実際の患部の治療に入っていきます。

    痛めている部位の症状をとることはもちろん、最初に突き止めた原因のところまでしっかり調整し整えていくと、体の自然治癒力が働きやすい状態になります。また、そこから痛みを再発させない体作りのためにセルフケアやトレーニング、日常生活の姿勢や枕の高さまでしっかりとアドバイスさせていただきます。

     

    このように「寝違え」の痛みで悩んでいる方や、なかなか痛みが引かず不安に思われている方はお気軽にご相談いただければと思います。

     

    最後まで読んでいただきありがとうございます。

    そのお悩み、あきらめずに一度ご相談ください。

     

    ~お知らせ~

    ※幸町亀山整骨院は効果の高い全身調整治療を始めました。

    少しでも早く良くしたい方や忙しくて治療に通える時間が限られている方など、その効果をぜひ一度体験して頂ければと思います。

    現在全身調整治療お試し期間として自費治療分の初見料(700円)を0円にて受けて頂くことが出来ますので、この機会にお試しください。

    料金は自費治療で3500円

    また、おケガで保険診療を受けられた方にも全身調整治療を加えて行うことが出来ます。

    保険診療費+全身調整治療込みで1600円~2000円(負担割合により異なる)で行うことが出来ますので、まずは一度お試しください。

     

    東武東上線大山駅から徒歩6分

    幸町亀山整骨院

    東京都板橋区幸町11-11

    TEL 03-6317-2846

    平日8:30~12:00 15:00~19:00

    土曜8:30~14:00

    予約優先制

    ※12:00~15:00は完全予約制にて施術しています。

    お電話、LINE@にてご予約下さい。

     

  • 板橋区で五十肩のことなら幸町亀山整骨院へ

    2019/05/21

    板橋区で五十肩のことなら幸町亀山整骨院へ

     

    肩が痛くてあがらない!

    「五十肩」の痛みに悩んでいる方へ

    板橋区大山の幸町亀山整骨院で適切な施術を行いましょう。

     

    あなたの症状はどれですか?

    チェックをしてみましょう。

    前触れもなく肩が突然痛み始めた

    ここ数日、夜も痛くてうずいてしまい眠れない

    もう痛みが何週間も続いている

    髪を結んだり服の脱ぎ着が痛みでうまく出来ない

    強い痛みは落ち着いたが、肩が全然上がらない

    整形外科などで五十肩といわれ、注射や痛み止めで様子を見ていたがなかなか良くならない

     

    上記のようなお悩みを1つでも抱えている方、本気で症状を改善したいと考えている方は板橋区大山の幸町亀山整骨院にお任せください。

     

    「五十肩」とはどんなものなのか。

    「五十肩」で悩まれている方の不安を少しでも取り除き、症状改善へのお手伝いができるよう、「五十肩」の原因や改善方法などを書いていきたいと思います。

     

    ◎「五十肩」とはどんなものなの?

    「五十肩」とは俗称(一般的な呼び名)であり、医学的な正式名称は「肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)」といいます。

    明らかな原因がなく、レントゲンなどでは異常が見られない肩の痛みの中に「五十肩」というものがあります。

    だいたい50歳代頃に肩を中心に(場合によっては腕まで)広がる痛みが主な症状であるためにいわゆる「五十肩」と呼ばれています。

    「五十肩」はおおまかに3つの時期に分けられます。

    • 急性期

    明らかな原因がないのに痛みが急に出始め、痛みがどんどん強くなってくる時期です。

    痛みは一度出ると急速に強くなることが多く、動かすと痛いというのはもちろん、安静にしていても痛みが治まらず、夜も痛みで眠れないという事も珍しくありません。

    • 慢性期

    運動した時の激痛や、痛くて眠れないという事は少なくなってきたのに、今度は関節が固まってしまい(拘縮)思うように動かせない、という時期があります。

    強い痛みで動かせていなかった関節が固まってしまうことで起こります。

    この時期は、主に固まった関節を無理に動かそうとしたときの痛みが出ます。

    • 回復期

    拘縮が徐々に改善されてきて、痛みや不快感が気にならなくなってくる時期です。

    この時期になるまでに、個人差はありますが長い方だと半年や1年かかる方もいます。

    また、ここで完全に症状がなくなる方もいますが、頑固になった関節の硬さがそのまま残ってしまう方が多いのも事実で、肩は上まで上がらないけど痛みがないからこれ位平気だと放置されている方もとても多いです。

     

    ◎「五十肩」の特徴的な症状は?

     

    ・突然前触れもなく現れる肩回りの激痛(急性期

    ・じっと安静にしていてもズキズキとうずくような痛みがある(急性期

    ・痛みのせいで夜も眠れず、眠れたとしても痛みで目が覚めてしまう(急性期

    ・肩をある角度まで上げると痛みが出る(慢性期

    ・肩が上がらず洋服の脱ぎ着などが出来ない(慢性期

    ・痛みはだいぶ取れたのに肩が思うように上がらない(回復期

    などがあげられます。

     

    ◎「五十肩」に対する従来の対応は?

     

    ・痛み止めの飲み薬や湿布を処方される(急性期

    ・炎症を鎮めるために注射をする(急性期

    ・我慢して固まった関節のストレッチ(慢性期

    ・我慢して筋力トレーニング(慢性期回復期

    などがよく行われています。

    しかし、これらの治療では対症療法(その場しのぎ)にすぎません。薬をずっと飲み続けていくわけにもいきませんし、痛みが出るたびに毎回注射をする、などというのは体にはあまり好ましくありません。

    なぜ「五十肩」の痛みが引かないのか?という原因を突き止めなければ根本からの改善とはいえませんし、固まってしまった関節は無理やりストレッチしたり筋力トレーニングをしたところで良い効果が得られることはあまりありません。かえって乱暴な手技やリハビリなどによって症状を悪化させてしまうこともあります。

    適切な時期に適切な刺激の量で適切な治療方法を選択することで、「五十肩」の症状改善を早めることが出来ます。

     

    ◎幸町亀山整骨院はどのようにして「五十肩」を改善に導くのか?

     

    急性期には、まず痛みを少しでも軽くすることと炎症を少しでも鎮めていくことが慢性期以降の経過に大きく影響してきます。そこで、ハイボルテージ治療器や皮膚の反射を利用した手技治療などで少しでも早く痛みと炎症を鎮めていきます。

    慢性期には、固まっている関節を少しずつ動けるようにしていくために、手技治療によって優しく確実に動きの硬さを取っていきます。

    回復期にはより関節の動きをスムーズに行い日常生活での支障を感じなくなるところまで手技治療からトレーニングにて行っていきます。

    痛めている部位の症状をとることはもちろん、その周りの関節や姿勢、背骨、骨盤のゆがみなども調整することによって体の自然治癒力を働きやすい状態にしていきます。また、そこから痛みを再発させない体作りのためにセルフケアやトレーニング、日常生活の姿勢までしっかりとアドバイスさせていただきます。

     

     

    最後まで読んでいただきありがとうございます。

    その肩の痛み、あきらめずに一度ご相談ください。

     

    東武東上線大山駅から徒歩6

    幸町亀山整骨院

    東京都板橋区幸町11-11

    TEL 03-6317-2846

    平日8301200 15001900

    土曜8301400

    予約優先制

    12001500は完全予約制にて施術しています。

    お電話、LINE@にてご予約下さい。

  • 板橋区で手根管症候群なら幸町亀山整骨院へ

    2019/04/10

    板橋区で手根管症候群なら幸町亀山整骨院へ

    手根管症候群」のしびれと痛みで手がうまく使えないとお悩みのあなたへ

    板橋区大山の幸町亀山整骨院で適切な施術を行いましょう。

     

    あなたの症状はどれですか?

    チェックをしてみましょう。

    手がしびれて力が入らない

    親指から薬指あたりがしびれる

    親指の付け根のふくらみがやせてきた気がする

    力が入らなくてよく物を落としてしまう

    手根管症候群と診断され注射をしたが良くならない

    なかなか良くならないのであきらめてごまかしながら使っている

     

    1つでもチェックが当てはまり、そのお悩みを本気で改善をしたいと考えている方

    板橋区大山の幸町亀山整骨院にお任せください。

     

    手根管症候群」とはどんなものなのか、また幸町亀山整骨院ではどのように原因をとらえ、改善に導いていくのかを書いていきたいと思います。

     

    手根管症候群」とはどんなものなの?

    手根管症候群とは、手首の手のひら側にある手根管という靱帯によって作られたトンネルの中を通っている正中神経という神経が圧迫され、痛みやしびれ、筋力低下などを発症させるものです。

    ↑〇のあたりが手根管です。

    男性よりも女性の方が多いのが手根管症候群の特徴です。

    • 更年期(中年)以降の女性
    • 妊娠中、出産後の女性
    • 血液の人工透析をしている方
    • デスクワークなどで手を酷使している方
    • ガングリオンなどの腫れがある方

    などの方によく見られます。

     

    手根管症候群」の特徴的な症状は?

    ・重症度にもよりますが、人差し指や中指にしびれを感じたり、薬指や親指にまでしびれを感じます。あまり長くしびれが続いていると、それに伴い手の指を動かす筋肉の力が低下し、その結果細かな作業ができなくなり、日常の生活動作に支障が出てきてしまいます。