BLOGブログ
BLOGブログ

板橋の整骨院では超音波による画像診断が可能です

板橋の整骨院なら最新の設備で質の高い施術が受けられます

板橋にある整骨院は痛みやしびれのある患部の様子を詳しく観察することができる超音波画像観察装置を導入しておりますので、適切な治療を行うことが可能です。
レントゲンと違って放射線を使わないので、お腹に赤ちゃんのいる患者様に対しても繰り返し使用することができ、リアルタイムの状態を確認することができます。
板橋にある整骨院はスポーツ外傷やスポーツ障害の治療にも対応しておりますが、軟骨や靭帯、筋肉の様子も超音波画像観察装置を使うことで詳しい状態を知ることができるので、非常に有効です。

  • ロゴ

    板橋区大山の幸町亀山整骨院 年末年始のお知らせ

    2018/12/19

    板橋区大山の幸町亀山整骨院 年末年始のお知らせ

     

    12月

    28日(金) 通常診療(19:00まで受付)

    29日(土) 14:00まで受付

    30日() 休診

    31日(月) 休診

     

    1月

    1日(火)  休診

    2日(水)  休診

    3日(木)  休診

    4日(金)~ 通常診療

     

    となります。

     

    今年も残りあと10日ちょっととなりました。

    年末で仕事が忙しい、大掃除を頑張っている、忘年会続きで体が休まらない、、などいろいろな方がいると思いますが、そういう時こそケガや体の不調が出やすくなります。

    新年をすっきりと迎えるために、年末のうちにお体の気になっている所はしっかりと解決しておきましょう!

     

    年末は29日14:00まで受付していますので、体の不調のある方はぜひご相談下さい。

     

    幸町亀山整骨院
    〒173-0034 東京都板橋区幸町11-11
    03-6317-2846
    AM8:30~12:00
    PM15:00~19:00

     

  • ロゴ

    板橋区大山の幸町亀山整骨院 テニス肘⓶

    2018/12/17

    板橋区大山の幸町亀山整骨院 テニス肘⓶

     

    前回に続いてテニス肘について。

     

    今回は幸町亀山整骨院で行っている施術をご紹介したいと思います。

     

    まず、テニス肘(外側上顆炎)は、繰り返しの外力により肘の外側の骨の出っ張り(外側上顆)で炎症を起こします。

    幸町亀山整骨院では、まずその炎症を早く鎮めるために「ハイボルテージ治療」や「超音波治療」を行います。

    炎症を鎮めつつ、特殊な手技(マツエセラピー)で原因になっている筋肉や腱の緊張をとっていきます。

    ここまでで、ある程度の痛みと硬さは解消されることが多いですが、そこからさらにいい状態をキープするためにテーピングやサポーターをしてもらうこともあります。

     

    また一度の施術で、ある程度の改善が見られたとしても、日常生活や仕事での悪い使い方や負担のかかる習慣などが変わらなければほとんどの方がまた同じような痛みが出ます。

     

    そのため、幸町亀山整骨院では数回にわたり通ってもらう中で、施術後のいい状態をキープしながら日常生活や仕事での体の使い方までしっかり指導し実践してもらうことで再発しないような体づくりをサポートします。

     

    施術だけである程度は症状は取れますが、それ以外の日常の過ごし方のほうが、その後の痛みの経過には大きな影響がありますので、そこまでしっかり指導させていただきます。

     

    今、テニス肘(外側上顆炎)でお悩みの方は一度ご相談ください。

     

     

    テニス肘 外側上顆炎 ハイボルテージ 超音波

    幸町亀山整骨院
    〒173-0034 東京都板橋区幸町11-11
    03-6317-2846
    AM8:30~12:00
    PM15:00~19:00

     

  • ロゴ

    板橋区大山の幸町亀山整骨院 テニス肘

    2018/12/05

    板橋区大山の幸町亀山整骨院 テニス肘について

     

    今日は肘(ひじ)の痛みについて。

     

    幸町亀山整骨院に来院される患者さんの肘の痛みで特に多いのが、肘の外側が痛くなる外側上顆炎(がいそくじょうかえん)です。

    俗に「テニス肘」と言われ、その名の通りテニス愛好家の方に起こりやすいですが、それに限らず日常生活や仕事での腕の使い過ぎによっても痛みが起こります。

     

    そこで今回は外側上顆炎(がいそくじょうかえん)について詳しく紹介していきたいと思います。

     

    まず、外側上顆(がいそくじょうか)とは、肘の外側に触れる骨の出っ張りの部分を指します。

    その骨の出っ張りに手の指を伸ばしたり手首を上にそらしたりする筋肉が付着していて、指や手首、腕の使い過ぎによって筋肉が張ってくると、その筋肉の端(腱)が外側上顆の部分を引っ張ってしまい炎症を起こすことで痛みが生じます。

     

    よくある症状としては、ものをつかんで持ち上げる動作やドライバーでネジを閉める、タオルをしぼるなどの動作をすると、肘の外側から前腕の外側の筋肉にかけて痛みが出現します。

     

    痛みの場所や筋肉の緊張度合い、手を握って手首を上へそらせたり(トムゼンテスト)、中指を伸ばしてもらい抵抗をかけたり(中指伸展テスト)などを行い外側上顆炎かどうかを判断していきます。

     

    今日はここまで。

    次回は、実際の幸町亀山整骨院で行っているテニス肘の施術をご紹介したいと思います。

     

     

    幸町亀山整骨院
    〒173-0034 東京都板橋区幸町11-11
    03-6317-2846
    AM8:30~12:00
    PM15:00~19:00

     

板橋で信頼できる整骨院をお探しの方におすすめの当院では、なかなか良くならない肩こりや腰痛といった慢性的な症状を根本から改善することを目指します。
肩こりや腰痛で整形外科にかかっても、レントゲンで異常が発見されなければ痛み止めの薬や湿布薬により症状を抑えるだけの治療となってしまいます。
板橋の整骨院では超音波画像観察装置を用いて患部の状態を観察しながら、その時々に必要な施術を行いますので、根本的な原因にアプローチすることができます。
当院は症状を早期に改善したいという患者様のために高電圧電気治療器を用いたハイボルテージ治療や、酸素の力で筋肉のコリをほぐすO2クラフトといった最新の物理療法も受けていただくことができますので、長引く症状や繰り返す症状にお悩みならば、ぜひ一度当院までご相談ください。