BLOGブログ
BLOGブログ

板橋区の幸町亀山整骨院のブログです

板橋区で痛みのご相談なら幸町亀山整骨院へ

板橋区の幸町亀山整骨院は、痛みなどの症状を根本から改善するための施術を行います。

その際の、お体の検査の仕方や治療に対する考え方、それに対する施術方法などを症例を含めて書いておりますので、ぜひお読みいただき参考になさってください。

  • 板橋区で手根管症候群なら幸町亀山整骨院へ

    2019/04/10

    板橋区で手根管症候群なら幸町亀山整骨院へ

    手根管症候群」のしびれと痛みで手がうまく使えないとお悩みのあなたへ

    板橋区大山の幸町亀山整骨院で適切な施術を行いましょう。

     

     

    あなたの症状はどれですか?チェックをしてみましょう。

     

    手がしびれて力が入らない

    親指から薬指あたりがしびれる

    親指の付け根のふくらみがやせてきた気がする

    力が入らなくてよく物を落としてしまう

    手根管症候群と診断され注射をしたが良くならない

    なかなか良くならないのであきらめてごまかしながら使っている

     

    1つでもチェックが当てはまり、そのお悩みを本気で改善をしたいと考えている方

    板橋区大山の幸町亀山整骨院にお任せください。

     

    手根管症候群」とはどんなものなのか、また幸町亀山整骨院ではどのように原因をとらえ、改善に導いていくのかを書いていきたいと思います。

     

     

    手根管症候群」とはどんなものなの?

     

    手根管症候群とは、手首の手のひら側にある手根管という靱帯によって作られたトンネルの中を通っている正中神経という神経が圧迫され、痛みやしびれ、筋力低下などを発症させるものです。

    ↑〇のあたりが手根管です。

    男性よりも女性の方が多いのが手根管症候群の特徴です。

    • 更年期(中年)以降の女性
    • 妊娠中、出産後の女性
    • 血液の人工透析をしている方
    • デスクワークなどで手を酷使している方
    • ガングリオンなどの腫れがある

    などの方によく見られます。

     

     

    手根管症候群」の特徴的な症状は?

     

    ・重症度にもよりますが、人差し指や中指にしびれを感じたり、薬指や親指にまでしびれを感じます。あまり長くしびれが続いていると、それに伴い手の指を動かす筋肉の力が低下し、その結果細かな作業ができなくなり、日常の生活動作に支障が出てきてしまいます。

    ↑紫の部分がしびれる範囲です(症状により様々)。〇で囲った部分の筋肉がやせてきます

     

     

    手根管症候群」に対する従来の対応は?

     

    • ステロイドの注射で炎症を鎮める
    • 痛み止めなどの飲み薬でごまかす
    • サポーターをする(固定)

    などがよく行われます。

     

    しかし、これらの治療では対症療法(その場しのぎにすぎません。薬をずっと飲み続けるわけにはいきませんし、痛みが出るたびに注射をするというのはあまり体には好ましくありません。

     

    なぜ手根管症候群になったのか?という原因を突き止めなければ根本からの改善とは言えません。

     

     

    手根管症候群」の原因とは?

     

    良い姿勢で良い使い方ができている方は、いくら手を酷使したとしてもそうそう手根管症候群にはなりません。

    手根管症候群になってしまう方というのは、猫背であったり、筋肉が張っていたり、どこかにすでに痛みを抱えていたりといった良くない姿勢で使わざるを得ない状況になってしまっている方が多いです。