BLOGブログ
BLOGブログ

板橋区の幸町亀山整骨院のブログです

板橋区で痛みのご相談なら幸町亀山整骨院へ

板橋区の幸町亀山整骨院は、痛みなどの症状を根本から改善するための施術を行います。

その際の、お体の検査の仕方や治療に対する考え方、それに対する施術方法などを症例を含めて書いておりますので、ぜひお読みいただき参考になさってください。

  • かかとの痛み

    板橋区でかかとの痛みなら幸町亀山整骨院へ

    2021/04/22

    板橋区でかかとの痛みなら幸町亀山整骨院へ

     

    ※幸町亀山整骨院では、マスク着用、手洗い、消毒、換気などの新型コロナウイルス対策を実施しております。

     

    こんなお悩みはありませんか?

     


    ☑高いところから降りたときにかかとを打ってしまい強い痛みがある

     

    ☑長い間フローリングで立ちっぱなしでいたらかかとに痛みが出た

     

    底の薄い靴や硬い靴で長時間歩いたらかかとが痛くなった

     

    ☑ランニングしているとかかとに痛みが出る

     

    ☑かかとが前から痛く治療を受けているが、なかなか改善しない

     

    激痛でかかとが着けないのでつま先歩きしている


     

    これらの症状が見られる方、それはかかとの脂肪パッドの損傷かもしれません。

     

     

    「かかとの脂肪パッド損傷」とは?

     


    人が立って生活しているとかかとにかかる圧力は体重の2/3ほどと言われています。

     

    これが歩く動作となると体重の数十倍がかかってきます。

     

    これらの衝撃から体や骨を守るためにクッションの役割をしているのが脂肪パッドです。

     

    この脂肪パッドはまんべんなくかかとを包み込むようにしてかかとの骨に掛かる衝撃を吸収してくれています。(画像の左側)

     

    これが、いろいろな原因により脂肪パッドが均等にかかとを包むことができなくなることによってかかとを保護できなくなり、それによって骨への刺激が加わり痛みが出るのが脂肪パッド損傷による痛みです。(画像の右側)

     


     

     

    脂肪パッド損傷の原因とは?
     


    高いところから落ちたときなどに、かかとを地面に強く打ってしまうことで脂肪パッドが損傷されて起こるもの

     

    薄い靴や硬い路面をランニングするなどの繰り返される外力によって徐々に脂肪パッドに損傷が起こるもの

     

    ③フローリング等の硬い床に裸足で長時間立っていて脂肪パッドに不均一が生じて起こるもの

     

    ④はっきりした原因がなくても加齢とともに脂肪をおさめている壁が薄くなってきたり、脂肪が液化してくるためにショック吸収能力が落ちてきて起こるもの


     

    などがあります。

     

     

    かかとの脂肪パッドの症状は?

     


    ・かかとの真ん中辺りに強い痛みがあります。

     

    ・痛みは程度により、足をついたときに痛いものもあれば、じっとしていてもズキズキ痛むような場合もあります

     

    ・炎症がひどいケースでは、痛くない方と比べるとかかとが腫れて膨らんで見えることもあります


     

     

    ※同じかかと周辺の痛みで注意が必要なものとして


    ・かかとの骨の骨折

    →痛みの場所が同じですが、腫れの程度や内出血などから判断します

     

    足底筋膜炎←(詳しくはこちら)

    →かかとの真ん中よりももう少し指に近い部分に痛みが出ることが多いです

     

    赤丸の部分が脂肪パッド損傷で痛みやすい部分です。

    青丸の部分が足底筋膜炎で痛みが出やすい部分です。


     

     

    かかとの脂肪パッド損傷の治療法は?

     


    ・急性期には、炎症をひどくしないようにすることが大事です

    →必要に応じてアイシングやハイボルテージ(電気)治療、手技療法などを組み合わせて、早期に炎症が引くようにします

     

    ・痛めている脂肪パッドに刺激が加わらないようにします

    →テーピングで脂肪パッドを真ん中に集めて固定したり、ジェルのインソールなどでクッション性を高めて保護するなどしてかかとへの刺激を極力減らします

     

    ・痛みを感じながら無理をしていると、脂肪パッドが瘢痕組織化(固まり)してしまい、なかなかひかない頑固な痛みの原因となってしまうため、患部の保護をしながら状態を良くしていく治療を適切に行うことが重要になります

     

    ・かかと荷重になり過ぎないように、全身のバランスや姿勢の調整をします

    →直接ぶつけて痛めた場合は別ですが、使い方などが原因となって起こったものに関しては、このバランス調整まで行わないと、同じ使い方をしてまた痛めることがとても多くなります


     

    前述したとおり、かかとの脂肪パッド損傷は痛みを感じながら無理をしているとなかなか痛みが引かないケガです。

     

    適切な時期に適切な治療を行うことが重要になりますので、痛めたばかりの方はもちろん、なかなか痛みが引かないという方まで、早めに相談されることをおすすめします。

    LINE公式アカウントからでもご質問やご予約を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

     

    幸町亀山整骨院の施術料金・アクセスなどは下記にリンクがありますので、ホームページを御覧ください。

     

    最後まで読んでいただきありがとうございます。

    そのお悩み、あきらめずに一度ご相談ください。

     

    幸町亀山整骨院

    ※12:00〜15:00は完全自費による施術を行います。

    お電話、LINE公式アカウントにてお気軽にご予約、ご相談ください。

     

    LINE追加

  • 外脛骨の痛み

    板橋区で有痛性外脛骨でお悩みの方は幸町亀山整骨院へ

    2021/04/14

    板橋区大山で『有痛性外脛骨』でお悩みの方は幸町亀山整骨院へお任せください!



     

    ※幸町亀山整骨院では、マスク着用、手洗い、消毒、換気などの新型コロナウイルス対策を実施しております。



     

    ┃こんなお悩みを抱えていませんか?


     


    ☑足の内側が出っ張って痛む

     

    ☑出っ張っているところが靴に当たって痛い

     

    ☑出っ張りがどんどん大きくなってきている

     

    ☑このまま放置してよいのか不安を感じている

     

    ☑整形外科で外脛骨と診断を受け、湿布や痛み止

    めをしているが改善しない

     

    ☑マッサージしたときは少し良くなるが、すぐに痛みがぶり返してしまう


     

    など、上記のような『有痛性外脛骨』でお悩みの方へ

     

    この記事では、


     


    ・『有痛性外脛骨』とはどんなもの?原因は?

     

    ・『有痛性外脛骨』の症状は?

     

    ・『有痛性外脛骨』に対する従来に治療法とは?

     

    ・『有痛性外脛骨』はどうしたら改善できるのか?幸町亀

    山整骨院の原因のとらえ方と改善方法



     

    これらを


     

    ・足の内側が出っ張っているけどこれは何?

     

    ・前から痛くて色々調べて色々な治療を試したけど

    思うような効果が出ずこのままで良いのか不安に感じている・・・


     

    などといった方向けに少しでもお悩みを解決できるように解説していきます。



     

    ┃『有痛性外脛骨』とはどんなもの?

     

    外脛骨は足の内側にある舟状骨に出来た過剰骨(様々な原因でできる余分な骨)の一つです。

     

    ここには、ふくらはぎの深いところにある後脛骨筋という筋肉の腱がくっついています。

     

     

    小学生から思春期の骨が成長している時期に起こることが多く、スポーツやケガなどによっても起こることがあります。


     


    ・足の使いすぎや姿勢、足の着き方などの様々な原因によってこの後脛骨筋が固くなる

    ・舟状骨にくっついている部分に引っ張られる刺激が加わるとそこで炎症が起きる

    ・炎症が続くと骨の膜や腱が刺激されそこの変形が進んで出っ張ってくる(外脛骨

    ・出っ張っているところが靴に当たったり、後脛骨筋腱の炎症も合わせて痛みが出てくる(有痛性外脛骨


     

    このような状態が起こります。

     


     

    『有痛性外脛骨』の原因には、

     


    ・扁平足や回内足(足の形や着き方)

     

    ・スポーツなどでの足の使いすぎ

     

    ・姿勢の悪さ

     

    ・出っ張った外脛骨が靴とこすれる


     

    などが主に挙げられます。




     

    ┃『有痛性外脛骨』の特徴的な症状は?


     


    ・主には次の3種類の痛みです。

     

    →出っ張った外脛骨が靴などにこすれたり当たることによる痛み

     

    →後脛骨筋が固くなって外脛骨の付着部を引っ張ってしまう痛み

     

    →足首を内側に捻ったときに外脛骨と周りの骨がぶつかることによる痛み


     

    ・炎症による外脛骨周辺の腫れや熱っぽさ、赤みが出ることもあります。





     

    ┃『有痛性外脛骨』に対する従来の治療法とは?


     

    現在行われている主な治療法には次のようなものが挙げられます。


     


    ・安静

     

    ・湿布や痛み止め

     

    ・注射

     

    ・ふくらはぎのマッサージやストレッチ

     

    ・手術(出っ張りがひどくなったときにそれを取り除く)



     

    これらの治療(対症療法)で良くなるものもありますが、その場しのぎの治療だけではなかなか痛みが取れないケースもよく見られます。


     

    根本から症状を改善させるためには患部だけを見るのではなく、体全体のバランスから見ていくことがとても大事になります。



     

    ┃『有痛性外脛骨』はどうしたら改善できるのか?

    幸町亀山整骨院の原因のとらえ方と改善方法


     

    効率の良い体の使い方や、良い足の着き方が出来ていれば、多少足を酷使したとしても外脛骨が出てくることは有りません。

     

    もうすでに骨が出っ張ってしまっている方でも、適切な体の使い方やバランスが身につけば、外脛骨の部分への負担を減らし痛みが再発しないように出来ます。

     

    痛めている外脛骨の部分の炎症や痛みの症状をとることはもちろん、その周りの関節や姿勢、背骨、骨盤のゆがみなどから痛みや変形が出た原因を突き止め、整えて行きます。

    幸町亀山整骨院では、マツエセラピーという施術を中心に行っていきます。

     

    施術による痛みは全くなく、お体への負担は軽く効果の高い施術です。

     

    それにより体の自然治癒力を働きやすい状態にしていきます

     

     

    大まかな順序として↓

     


    1.カウンセリングと姿勢・動作の分析により、患部の状態と根本の原因を探っていきます

     

    2.患部より先に体全体のバランスを調整し、患部がより回復していきやすい状態を作ります

     

    3.ここで初めて患部へアプローチしていきます

     炎症があれば炎症が早く引くように、固まっていれば動きを良くするようにしていきます

     

    4.また、そこから痛みを再発させない体作りのためにセルフケアやトレーニング、日常生活の姿勢までしっかりとアドバイスさせていただきます。



     

    もし、

     

    ・もう何をしても治らないからだましだましでやっていこうと思っている

     

    ・痛みが強くてどうしたらよいかわからない

     

    ・このまま放置して良いものなのか不安を感じている

     

    など、お悩みの方は一度ご相談ください。

     

    LINE公式アカウントからでもご質問等を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。


     

    幸町亀山整骨院の施術料金・アクセスについては下記にリンクがありますのでホームページをご覧ください。


     

    最後まで読んでいただきありがとうございます。

    そのお悩み、あきらめずに一度ご相談ください。

     

     

    お電話、LINE@にてお気軽にご予約、ご相談下さい。

    LINE追加

     

    幸町亀山整骨院

板橋で信頼できる整骨院をお探しの方におすすめの当院では、なかなか良くならない肩こりや腰痛といった慢性的な症状を根本から改善することを目指します。
肩こりや腰痛で整形外科にかかっても、レントゲンで異常が発見されなければ痛み止めの薬や湿布薬により症状を抑えるだけの治療となってしまいます。
板橋の整骨院では超音波画像観察装置を用いて患部の状態を観察しながら、その時々に必要な施術を行いますので、根本的な原因にアプローチすることができます。
当院は症状を早期に改善したいという患者様のために高電圧電気治療器を用いたハイボルテージ治療や、酸素の力で筋肉のコリをほぐすO2クラフトといった最新の物理療法も受けていただくことができますので、長引く症状や繰り返す症状にお悩みならば、ぜひ一度当院までご相談ください。