BLOGブログ
BLOG

幸町亀山整骨院のブログをはじめました。

2018/06/09
ロゴ

初めまして。板橋区にある幸町亀山整骨院です。

ブログを始めました。最初のテーマは「整骨院・接骨院について」書いてみようと思います。

・整骨院・接骨院とは

 接骨院または整骨院とは、厚生労働省が認定する国家資格を取得した柔道整復師が日本の伝統医学の1つである柔道整復術を行う施設のことをいいます。俗に「ほねつぎ」として古くから患者さんの施術に当たっています。

・柔道整復師とは

骨折(こっせつ)および脱臼(だっきゅう)、打撲(だぼく)、捻挫(ねんざ)、などの損傷に対して、整形外科などで行われる外科的手術や投薬といった西洋医学を使用せずに、整復法、固定法、物理療法、手技療法などの「施術(せじゅつ)」を用いて体の自然治癒力を引き出し、その回復を図る代替医療を行っています。

 

・柔道整復術とは

 柔道整復師が行う柔道整復術には、整復法(せいふくほう)、固定法(こていほう)、後療法(こうりょうほう)があります。

整復法とは、骨折してずれてしまった骨を正しく元の状態に戻す、また肩などの関節が外れてしまった場合、それを戻すために操作する技術の事です。骨折・脱臼の整復は問診や視診、触診、超音波画像観察装置(エコー)などによって患部の状態を把握し、けん引や圧迫などによって元の状態に戻します。骨折・脱臼の整復は柔道整復師としての経験が必要とされる施術法となっています。

 固定法とは、骨折や脱臼、捻挫などをしてしまった場合に三角巾や包帯、副木、テーピングなどを使って患部を固定する施術法の事をいいます。患部を固定する事によって安静を保ち無理な動きができないようにして、回復を早めることができます。

後療法とは損傷した組織を回復させる施術法の事をいい、後療法には大きく3つの施術法(物理療法・運動療法・手技療法)があり、それぞれを必要に応じて使い分けながら、できるだけ早く元の生活に戻していくことを目的に行います。

物理療法とは、電気治療・温熱療法・冷却療法など機器を使用して患部の回復を促していく施術法のことをいい、機器には様々なものがあり、患者さんの状態によって最も適したものを選択して行います。

運動療法とは弱くなった筋力や固まってしまった関節などの機能回復やリハビリテーション(リハビリ)を目的として行われる施術法の事をいいます。それぞれの患者さんの状態に合わせて、手技で行う場合やトレーニング器具を用いながらなど、適切な運動療法を選択し行います。

手技療法とは柔道整復師が直接、手を使い患部を押したりさすったりする施術法の事です。手技療法を行うことによって患者さんの訴えている様々な症状の改善を行います。

 

板橋区の幸町亀山整骨院では、これらの施術法を患者さんの状態に合わせて適切に使い施術をしていきます。ぜひ一度当院へご相談ください。

 

 

幸町亀山整骨院

〒173-0034 東京都板橋区幸町11-11

03-6317-2846

AM8:30~12:00

PM15:00~19:00

日曜・祝日休診