BLOGブログ
BLOG

幸町亀山整骨院は鍼灸施術を行っています。

2018/06/15
ロゴ

今回は、幸町亀山整骨院でも行っているはりきゅうの治療に関して書きたいと思います。

・鍼灸(しんきゅう)とは

一般に鍼灸は「はり・きゅう」と呼ばれています。東洋医学の一つで、中国に起源をもつ伝統的医療です。厚生労働省が認定する国家資格を取得した鍼灸師が施術を行います。

・鍼灸(はりきゅう)治療とは

鍼治療とは、金属(金・銀・ステンレスなど)の細い針を経穴(ツボ)や筋肉の硬結(コリ)の部分に刺入し、刺激を加え、様々な症状を改善させる施術です。灸治療とは、艾(もぐさ=ヨモギの葉を陰干しして精製したもの)をツボやコリのある部分や関連する部分にのせて燃焼させた熱によって症状を改善させる治療法です。もぐさを皮膚に乗せて火を点ける方法が標準とされています。幸町亀山整骨院では、紙の筒にもぐさが詰まっていて、それを押し出し先端に火をつけて筒の中の空気を温める温灸を使用していますので、やけどなどの心配なく受けることができます。

鍼の効果としては、痛みの緩和(鎮痛)が代表的に挙げられますが、他にも筋肉の緊張を緩めたり、経絡(ツボのつながり)を使って体の調子を整えたりと様々な効果があります。痛みを鎮める効果が早いのが特徴ですので、ぎっくり腰や寝違えなどの急な痛みにも対応ができます。

灸の効果としては、熱の刺激による血流の改善や痛みの緩和、ツボを用いて体の調子を整えたりといった効果があります。灸の中でも方法によりますが、鍼の即効性と対照的に、ゆっくりと体の反応が現れるため、慢性的な症状に用いられることもあります。

WHO(世界保健機関)において鍼灸療法の有効性が認められている病気には、次のようなものがあります。

・運動器系疾患

肩こり、五十肩、腰痛、頸椎症、変形性膝関節症、腱鞘炎、テニス肘など

・消化器・呼吸器系疾患

便秘、下痢、痔疾、慢性胃炎、食欲不振、気管支喘息、鼻炎、感冒、扁桃炎など

・疼痛性疾患

頭痛、坐骨神経痛、術後疼痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛など

・循環器系疾患

低血圧症に伴う諸症状、冷え性、本態性高血圧症など

・泌尿器&産婦人科系疾患

月経異常、更年期障害、逆子、不妊、インポテンス、失禁症など

・感覚器系疾患

仮性近視、眼性疲労、メニエール病、耳なり、難聴など

・小児疾患

夜尿症、小児神経症、消化不良など

・その他

不眠症、肥満、自律神経失調症、片麻痺、顔面神経麻痺、アレルギー疾患など

 

 

幸町亀山整骨院では、主に運動器(筋肉や関節、腱、靭帯など)を狙って鍼灸を用います。その他にも体の不調や美容鍼など、気になった方は一度ご相談下さい。

 

幸町亀山整骨院

〒173-0034 東京都板橋区幸町11-11

03-6317-2846

AM8:30~12:00

PM15:00~19:00

日曜・祝日休診